イマドキ花嫁は本当に忙しい

全国の小規模ブライダル事業者様向けに、

低リスク高コスパでウェディングドレスを導入するご提案をしている

卸ドレス.comです。

 

今日は、イマドキ花嫁の挙式準備事情についてです。

東京青山サロンにお越しになるプレ花嫁は、一昔前では想像が

つかないほど本当に忙しくされています。

結婚式に際してお休みを取るのも一苦労のようで、

そのまま新婚旅行に行かれる方は、極少数です。

挙式前日まで仕事をし、挙式後すぐにまた仕事に出社されます。

 

一般的にドレスサロンは、完全予約制が主流で東京の人気サロンにもなると、

来店予約が2か月待ちというところもあります。

 

東京青山サロンに、挙式直前ギリギリに来られる花嫁様は、

「衣装サロンに予約を入れても、仕事の予定がどんどん変わるので

結局行けなくなって、こんな日程になってしまった」とお話ししてくれました。

 

また、花嫁のドレスに合わせて新郎のタキシードを選ぶ という光景も

ここ数年、ぐっと減ったような気がします。

 

新郎新婦ともに忙しいので、お互いの予定を合わせて悠長に衣装を選びに行く

余裕も無い。

 

例えば、御社のお客様が 時間も無い中、気に入ってもいないドレスを

数十万で契約させられて、ご不満に思われている場合、

最終的な結婚式に対する満足度は、とても低くなりえます。

 

しかし、もし、自社でドレスを用意できていれば、

忙しい花嫁にも、選択する余地を与えてあげられます。

 

卸ドレス.comの卸販売システムは、東京青山で人気のドレスを自由に10着選び

半年間、自社のドレスとして自由に取り扱いできるという、画期的なシステムです。

しかも、10着でたったの18万円からスタート出来ます。

半年たって、人気のあるドレスは追加料金を支払ってお買い上げいただき、

人気の無いドレスは、追加料金を払って新しいドレスに変更。

全く見込みが無ければ、返却するだけでOK。

 

とても、簡単にウェディングドレスを取り扱えます。

ウェディングドレス10着って、たったこれだけ↓

ウェディングドレスの卸販売は卸ドレス.com

 

是非、ご検討ください。

日本全国どちらでも対応いたします!

 

卸ドレス.comに関してはこちらをクリック

卸ドレスシステムについてはこちらをクリック

お問い合わせはこちらをクリック

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です